屋外で使うときのサイズはどれくらい?

のぼりの標準的なサイズは?

店先の宣伝広告に使われるのぼり旗は、ちちと呼ばれる輪または袋状の部分をポールに固定して使用します。一般的なのぼりの形状は縦長の長方形ですが、最近では下側に丸くアールのついたRのぼりなどもあります。また、従来の長方形の旗だけではなく、ヨットの帆のような形をしたスウィングバナーと言うのぼりも目にするようになってきました。従来型の長方形ののぼりの標準的なサイズは、縦が180センチで横は60センチです。長方形ののぼりは、そのサイズのバリエーションも豊富にそろっています。縦横ともに半分の大きさのハーフのぼりは、縦90センチ横30センチでで、さらに小さいミニのぼりになると縦28センチ横10センチでとてもコンパクトです。

のぼりのサイズによる見え方

のぼりを取り付けるポールの長さにもよりますが、標準的な縦180センチ横60センチののぼりを設置すると、ポールの一番高い所は地上から3メートル程の高さになります。のぼりの下端は地上から1メートルとなり、とても目に入りやすい高さです。屋外で使用する場合には、大きい方がより目立つことから縦270センチ横90センチというジャンボサイズも存在します。しかし、のぼりのサイズにともなってポールを長くしたり、大きなのぼりが強風に煽られても大丈夫な重さや大きさのポールスタンドが必要になります。また、どこからそののぼりを目にする人が多いのかでも最適な大きさは変わってきます。のぼりの置き場所を工夫して、一目でパッと宣伝内容をわかってもらうことも大切です。